NPO法人名古屋スポーツクラブ-基本理念-

TOP > 組織概要

基本理念概要

2002年に設立された特定非営利活動法人「名古屋スポーツクラブ」(2003年4月10日法人認可)はスポーツを通じて青少年の健全育成、地域スポーツの振興、トップアスリートの育成を理念に活動してきています。

クラブ事業のうちハンドボール教室は、リトルクラス、ジュニアユースクラス、シニアクラス、マスターズ、トップチームの5部門に分かれ活動しています。
リトルクラスは小学生1年生から6年生を対象に県内大会、東海大会、そして他地域のクラブとの交流会に参加しています。ジュニアユースは中学生を対象に県内大会、東海大会等に参加しています。
シニアは高校生、一般を対象に活動し、ハンドポールを楽しみながら会員相互の親睦を図っています。

剣道教室は「心明館」と称して小学生から一般までの幅広い年齢層が集まり、稽古を交え、対外試合、昇級昇段試験を目標に年間を通して活動しています。

女子バレーボールは「海星クラブ」と称して地域の女性がバレーボールを楽しんでいます。年2回の名古屋スポーツクラブ杯を開催し他地区のクラブとの交流会を実施し、親睦を深めています。

また大会運営事業としてハンドボールリーグの開催、受諾事業として名古屋市教育委員会の事業を行っています。

1.基本理念

  • スポーツクラブの普及と発展
  • 社会貢献
  • 豊かなスポーツ文化の振興

2.目的

スポーツ活動を通じて、愛知県、名古屋市のスポーツ水準の向上、特にハンドボール・剣道・女性バレーボールの普及を図り、豊かなスポーツ文化の振興及び健全な青少年の育成と、地域住民の健全なスポーツライフの実現に寄与するとともに、スポーツを通じて全国ひいては国際的な規模での交流と親善に貢献することを目的とします。

3.活動内容

  • クラブ事業
     ハンドボール・剣道・女子バレーボールの普及・発展を図るため、それぞれに運営委員会を設置し、運営にあたります。
  • 受託事業
     ○県・市の事業の受託。
     ○県・市協会の業務の受託。
     ○他競技との連携。
  • アスリート事業
     ○日本ハンドボールリーグに参戦
     ○各種全国大会の出場。
     ○日本代表選手の育成・強化。
4.組織

  理事一覧はこちら